雨漏りの原因と修理方法

subpage01

雨漏りを発見したときには、すぐに対処をとる必要があります。

部屋が濡れる程度に軽く考えている人もいるかもしれませんが、雨漏りが起こっている状態というのは、末期の状態といえ、天井につたわるまえに、外壁や屋根などから雨水が浸入し、梁や壁などにも水は浸入している状態です。



こうなってしまうと、水は、家を造っている木材や金属を腐食させてしまい、耐久性が落ちてしまい、地震にも弱い家になってしまいます。



そのためには、即座に雨漏り修理を行う必要があります。

コトバンクのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

雨漏りの発生部分は、屋根だけとはかぎりません。

屋根以外にも、外壁や雨樋、サッシなど、さまざまな部分からの浸入が考えられるので、原因究明も難しく、修理には時間がかかってしまいます。
軽度な状態なら、メンテナンスを行い、少ない費用で建物をキープすることができますが、最悪の場合、建て直しが必要なまで腐食が進んでいる場合もあるので、早期に発見、対策を行うことが大切です。

屋根から浸入している場合、棟板金や谷板金からの浸入や、スレート屋根のひび割れからの浸入、スレートの浮きからの浸入、瓦やねの漆喰の崩れからの浸入、板金取り合いのコーキングの劣化、トタン屋根の錆による浸入、瓦のズレ、瓦の割れなどが原因と考えられます。一方、外壁からの浸入の場合には、コーキングの劣化や外壁塗幕の劣化、外壁のクラック、出窓からの浸入、雨樋のオーバーフローなどが考えられます。


どれも素人では発見が難しいので、気になる場合には、業者に依頼し早期に対策をとりましょう。