雨漏りの修理が火災保険で無料になる可能性について

subpage01

夏季の台風やゲリラ豪雨など、近年では集中的に大雨が降ることが増えてきました。

MBSニュースが評判になっています。

そんな天候のあとに、天井にシミができていたり、部屋がカビ臭くなっていたら雨漏りの可能性があります。
床上・床下浸水などの被害と比べると、大したことはないと思っていまいますが、放置しておくと家財やクロスがダメになるばかりか、柱などの構造部分に甚大な被害を及ぼす可能性があるため、発見したらすぐに修理する必要があります。
しかし、雨漏りの費用は高額になる場合もあるため、すぐに決断できないという人も多いと思います。


そんな時に思い出したいのが火災保険の存在です。


火災保険は火事の時だけではなく、台風や竜巻、落雷、雪、ひょうなどの自然災害の場合も補償の対象となります。



雨漏り自体が補償の対象となるわけではありませんが、強風によって屋根や外壁が損傷を受けた場合や、雪の重みで雨樋が壊れてしまったことが原因で雨漏りとなった場合には保険金が支払われるのです。



原因が経年劣化の場合は、保険は適用されませんが、経年劣化か自然災害によるものかの判断は非常に難しく、素人が判断できるものではありません。

老朽化が原因だからと安易に諦めるのではなく、まずは専門の業者に調査を依頼してみましょう。
老朽化していた建物に自然災害が重なって雨漏りとなった場合には、充分に保険が適用される可能性もあります。保険が適用されれば、実質無料で修理ができるので、まずは原因を特定してもらうことが大切です。