火災保険で雨漏り工事費用を支払うための条件

subpage01

火災保険は、家屋などの建物が火災により損害を受けたときに、保険金が支払われます。



しかし、現代の火災保険は火災による損害だけでなく、落雷や風災等による災害、水害や盗難などが原因で家屋や財産に損害が生じたときでも保険金がもらえるようになっています。そのため、台風が原因で雨漏りが発生した場合の修理費用については、保険金でまかなうことも可能です。



具体的な事例としては、台風の強風により屋根瓦が飛ばされてしまい雨漏りしてしまった場合、あるいは隣家の庭に植えられていた樹木が風で倒れて屋根にダメージが加わったことが原因で雨漏りした場合などに、火災保険から保険金が支給されています。

工事の費用だけでなく、浸水によりテレビなどの家電製品が使えなくなったり、ソファなどの家具が被害を受けた場合にも補償が受けられます。
台風や異常発達した低気圧などによる強風が原因で雨漏りが発生した場合には、加入している保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。ただし、保険金が支払われるためには、雨漏りの原因がしっかりと特定される必要があります。しかし、現実的にはさまざまな要因が絡み合って、雨水が家屋内に侵入することが多いため、原因を特定するのは難しいのが現状です。

47NEWSの情報もあります。

そのため、保険会社と意見が食い違ってしまい交渉が長引くという事例も頻発しています。交渉を始める前に客観的なデータを集めておくことが大切になります。
建設会社や住宅検査会社、外壁工事会社などの専門家に調査を依頼して、第三者の見解を入手しておくとよいでしょう。